夫がうつ病に…心療内科の受診から休職、そして復職までの記録。

夫がうつ病に・・・。今後のこと、とても心配ですよね。IT業界に勤める私の夫もうつ病になりました。環境や症状は十人十色だと思いますが、「うつ病の夫をもつ妻」という同じ境遇の方たちの参考になればと、夫の心療内科の受診、休職、そして復職までの記録をブログに残すことにしました。少しでも役に立てたら幸いです。

IT業界で働く旦那さんがうつ病の友達と食事に行ってきました。

      2016/04/08

最近、夫が精神的に参っていて。
寝れない、食べられないという状況で。
ちょっと心配な状態なんです。

今日、旦那さんがIT業界で、うつ病になって、休職と復帰を繰り返している友達と食事に行ってきました。

旦那さんは、今は復帰して働いているそうです。

でも、IT業界にいる限り、ダメだろうね。
なんて言っていました。

そうですよね。
IT業界はホントうつ病が多い業界です。
絶対早死にする職業だと思う。

なんて話で盛り上がりました。

パソコンが発展したのはホントにここ数十年の話です。
まだ新卒で入って60いくつで退職するまで、ずっとパソコンに向かい合った生活や、ストレスにさらされる環境でIT系の仕事をしていた人って、今までいないと思うんです。

だから、IT業界でこんな生活を何十年もして。
運よく退職までたどり着いた時に、体がどんな状況になっているかまだ実証されていないわけで。
だから、ほんとに早死にしても不思議じゃないんだろうね。

なんて話をしました。

人間にとって、自然な姿っていうのは、やっぱり農家の生活なんじゃないかな。

農家さん

なんて話にもなりました。

朝日の出と共に起きて、働いて。
体を動かす仕事をして。
日が沈んだら、仕事は終了。
自分で作った食材を食べて。
その季節にあった食事をして。

どんだけ時代が進んでも、やっぱり人間は農耕民族なんだよ。
田舎の農家のおじぃちゃんおばぁちゃん元気な人多いですもの。
やっぱり、農家の生活が自然な姿なんだ!

っていう結論にいたりました。

だからと言って、都会大好きな私は田舎生活は耐えられませんけどね・・・

とにかくわかったことは、IT業界は体に良くないということ。
夫がIT以外に転職したいというならば、私は反対しませんよ。
お互いに長生きして、定年後ライフを一緒に楽しまなくちゃいけないですもの。

 - 未分類

  関連記事

友達
「実は私も鬱病で・・・」と話してくれるみんな、ありがとう。

今日、久しぶりに会う友達とランチに行きました。 近況を報告しあいました。 私の夫 …

通勤
うつ病からの仕事復帰に向け、通勤のシミュレーションをしてみたら・・・

仕事が忙し過ぎて適応障害(うつ病)と診断された夫。 半年ほど仕事を休みましたが、 …

たこ焼き
仕事のストレスで食欲がない夫のリクエストは「たこ焼き」(笑)。

最近、仕事のストレスで食欲がない夫。 好きなもの食べて、元気になってもらおうと思 …